仕事をしながら社会保険労務士取得

で仕事をしながら社会保険労務士の試験勉強をしているけど、本当にこれでいけるの?

これから社会保険労務士(通称:社労士)の資格を取得して、仕事にしていこうとお考えの方は働いている方が大半だと思います。すでに勉強を初めているかたもいるとは思いますが、本当に仕事をしながら高難易度の社会保険労務士の資格をとることができるのか、お伝えしたいと思います。

これから資格取得に挑戦しようと考えているかたや、自分には難しいからと躊躇している方は、本当に仕事をしながらでも取得ができるのか知っていただければと思います。

仕事をしながらでも取得できます。正しい勉強法が大切!!

まずは仕事をしながらでも社会保険労務士の資格を勉強をして、取得ができるのかかと言いますと、これは間違いなく取得はできます。社労士試験を受験する方に30~40代の方も多いので、働きながら勉強をして資格を取得している方は多くいます。

ただし間違った勉強をしてしまうと、試験に合格するのはかなり遠くなるので、正しい勉強法をすることが大切です。まずは間違った勉強法についてお伝えします。

書籍の独学が厳しい理由

まずは間違った勉強です。
独学で勉強をしようとして、書店で販売されている教科書と問題集を購入して勉強を進めていく方法です。

書店の教科書と問題集

これは間違いなく止めておいた方がいい勉強法です。
一回で社会保険労務士の試験を合格できる能力を十分に有している方でも、独学をしてしまうと一回で合格することはかなり難しくなります。

なぜかと言いますと、社会保険労務士の学習する範囲がものすごく広く、闇雲に勉強すると膨大な時間と記憶をする必要があるのです。教科書と問題集を学習する分量としても、床に置いた教材が太ももの中程くらいの高さにまで積みあがってしまうのです。
とても一年間の学習期間を確保したとしても、仕事をしながらでは困難であるでしょう。

では働きながら社会保険労務士の資格を取得するには、どのような勉強方法が良いのかお伝えします。

通信教育・通信講座を活用する

それでは働きながら社会保険労務士の資格を取得するのにオススメの勉強法をお伝えします。

それはオンラインの通信講座を利用することです。
テキスト教材だけの通信講座より、動画視聴コンテンツやPC・タブレット・スマートフォンで学習ができる教材が充実している通信講座を選択することをオススメします。

社会保険労務士の通信講座

なざ通信講座が良いのか説明しますと、膨大な勉強範囲の中から重要なポイントをしっかりとまとめている点にあります。書店の教科書や問題集よりもより合格する為の、ポイントを絞り対策をしてくれているのです。ですから効率良く学習することができます。

過去の試験などをしっかりと分析されているので、まったく出題されない範囲は学習範囲から省いているので、不要な部分の学習がしなくて済むのです。

またタブレット・スマートフォンで学習できるコンテンツが充実している通信講座なら、隙間時間をうまく活用できるので、通勤時や待ち時間を学習時間として確保できるので、前日学習したことの復習などに利用できます。

社労士の資格取得までの学習時間は、毎日3~4時間必要と言われます。
隙間時間をうまく活用することで、1~1.5時間は確保できるので大変学習効率が上がります。

また隙間時間で学習すると、帰宅後の学習時間が2時間くらいに軽減できるので、深夜遅くまで学習しなくて済みます。睡眠不足にもならずに、十分な睡眠をとりながら仕事と試験勉強に取り組めるのです。

通信講座の問題集をやりこんでから、多くの問題に触れるということで書店で販売されている問題集をやってみるのは良いと思います。

まとめ

如何だったでしょうか。
独学で少し学習を始めている方は、今までの勉強法を見直して通信講座を活用した試験勉強にすることをおすすめします。たとえ1~2カ月の期間が無駄になったとしても、十分に遅くはありません。
そのまま勉強をし続けることの方が、年1回しかない試験のその分の期間を無駄にするかもしれないのです。

通信講座についてはいろいろとありますが、私自身が調べてみたところでは、合格実績・教材・PC・タブレット・スマートフォンコンテンツ・質問サポートなどが充実したものがありましたので、下記にページに記載しておきます。

おすすめの記事