士業系資格の合格率

社会保険労務士の試験に不合格になった時に取るべき行動で、次の試験に大きく影響します。
今回は社会保険労務士の試験後に、あなたの取るべき行動について考えていきたいと思います。

社会保険労務士試験に不合格になった時にとるべき行動とは

まずは試験後に自分が合格しているか、不合格なのか把握することをしてください。試験の合格発表は11月の上旬なので、2カ月弱の期間を何も対策を打たずに過ごすことは、大きなロスとなります。

その為には、試験後に持って帰ってきた問題用紙にチェックした自身の回答を答え合わせしていくことです。試験後に、1~2日の息抜きはして良いと思いますが、必ず自己採点はしてください。
その結果不合格なら、次の試験に向けて次のような対策を打っていくことをおすすめします。

試験後に自己採点で不合格と分かったなら継続して勉強

不合格とわかったら、継続して勉強をしていくことは必要です。
2~3日くらいの休憩は良いと思いますが、それ以上になるとモチベーションの低下や気の迷いなどが生じるので、休憩期間は程ほどにして、夢に向かってひたすら勉強に励んで下さい。

社会保険労務士試験の難易度

不合格になった試験の内容を分析することも良いと思います。
特に自分自身の間違えが多い箇所に関しては、理解できていないという事実を認めて自分自身の点数を引き上げることができるポイントをおさえてください。
不正解の多い箇所が決して難しい問題ばかりではないのです。不正解でも簡単な問題を押させることによって点数の確保をしっかりできるようにしてください。

次に今までの勉強法について見直してください。
書店でテキストなどを購入して独学で勉強していたなら、必ず通信講座などの別の勉強教材を取り入れることをおすすめします。
また通信講座を利用して勉強をしていた方は、教材が分かりくいや使いにくいなどが多いのであれば見直してください。しかしある程度満足しているようなら、翌年も使って良いと思います。
ただし法改正で若干答えが変わってくる場合もあるので、注意してください。

地道に理解していくことが、社会保険労務士の試験には必要なので、後は自分自身を信じて根気よく勉強に励んで下さい。

社会保険労務士事務所に転職して、下積みをする

本気で社会保険労務士を目指しているのであれば、生活面で問題がないのであれば社会保険労務士事務所にアルバイトとして勤務しながら、実務に触れながら試験勉強に取り組むことも良いと思われます。

社会保険労務士事務所でアルバイト

毎日の仕事の時間を、実務で学ぶことは理解するうえでもとても効率が良いからです。
そのうえで、仕事以外の時間で今まで通り試験勉強に取り組んで下さい。今までテキスト上で何となくでしか理解していなかったことも、実務で経験したことと結びついてはっきりと理解ができるでしょう。

実際に社会保険労務士事務所でアルバイトをしながら、試験勉強をしている方は多くいるので一度探してみても良いと思います。

もし社会保険労務士試験に不合格になったまとめ

如何だったでしょうか。
試験後にどのような行動をとるかは非常に大切なことです。ましてや不合格であるなら、翌年も試験勉強をする必要があるので、対策は必須だと思います。ですからしっかりと試験後に自己採点をして、合否を確認してから自分でどのような対策をしていくか考えてください。

社会保険労務士の試験勉強に実績の高い通信講座を見つけましたので、下記ページに記載しておきます。

おすすめの記事