社会保険労務士の受験資格

とても大切なこととなりますが、社会保険労務士の資格を取得するための試験には、受験できる方と受験できない方がいることをご存じでしょうか?!

試験に受験するには、受験資格の条件を満たしている必要があるということです。
これから社会保険労務士を目指そうとしている方は、ご自身に試験を受ける受験資格の条件を満たしているか、しっかりと確認してみることをおすすめします。

社会保険労務士の受験資格には、大学を卒業しているか、もしくは高卒の方(最終学歴が高等学校を卒業の方)でも特定の条件がないと受験資格を得ることができないのです。今回は、高卒の方でも受験資格を取得するための方法をご紹介していきます。

社会保険労務士の受験資格を高卒でも取得する方法は2つ

それでは高卒の方でも社会保険労務士の受験資格を取得する方法について、紹介していきます。
その方法は大きく2つ存在します。どちらも簡単にできることではないですが、条件を満たすことで社会保険労務士の受験資格を得ることは可能です。

まずは期間は掛かることになるのですが、確実性の高い方法からご紹介していきます。

社会保険労務士事務所、若しくは特定の職種での事務作業経験

社会保険労務士事務所でアルバイト

実務経験を積むことによって、受験資格を取得する方法です。
わかりやすくお伝えしますと、社会保険労務士事務所でアルバイトとして勤務することです。勤務期間が3年あれば、受験資格を取得することができます。

一見するとものすごく時間が掛かり遠回りをしているように思いますが、大学卒の方でも社会保険労務士事務所にアルバイトとして勤めながら資格の勉強をする方が、多くいます。それも1年で合格できない場合もあるので、それを考えると高卒の方でも実務経験を積みながら勉強をしていき、3年目で受験することは、とても良い流れだと考えられます。

また社会保険労務士事務所以外にも弁護士や市役所・日本郵政公社の事務職に3年以上従事している方なら受験資格を得ることができます。
試験の事を考えると社会保険労務士事務所でアルバイトをする方が、効率的ですよね。

社会保険労務士の受験資格を高卒でも取得する方法(職務経験の観点)
社会保険労務士事務所でアルバイトなどで実務経験を積む(勤務期間は3年必要)
弁護士や市役所・日本郵政公社の事務職に従事している方(3年以上従事していること)

どちらの実務経験を証明することが必要となってくるので、しっかりと勤務先に確認をとっておくことが大切です。

厚生労働大臣が指定した国家資格を保有している

厚生労働大臣指定の国家資格

次に厚生労働大臣が指定した特定の国家資格を保有していると受験資格を得ることが可能です。
特定の資格については下記のリンク先にてご確認してください。

http://www.sharosi-siken.or.jp/pdf/03/03_03_kokkasiken.pdf
※2019年時の情報となりますので、その後変更されている場合があるのでご注意ください。

ただしいずれの資格も取得するには、かなりの難易度が高い資格となります。
社会保険労務士の資格を取得するのと同等かそれ以上の難易度にもなり兼ねませんので、この方法は得策とは言えません。リンク先を確認して落ち込んだ方もいるかもしれませんが、安心してくださいね!!
あくまで指定の資格を所持していれば、活用できると理解していただければと思います。

社会保険労務士の受験資格を高卒でも取得する方法のまとめ

社会保険労務士の受験資格を高卒でも取得する方法について、お伝えしてきましたが如何だったでしょうか。

高卒の方でも受験資格を取得する方法について、分かって頂けたのではないかと思います。
個人の生活環境にも影響されるところですが、結局のところ社会保険労務士になるのですから、社会保険労務士事務所でアルバイトとして、しっかりと経験を積んでいき勤めるのが一番の最善策ではないかと私は考えています。

これから社会保険労務士になろうとお考えの方に、高い合格実績の社会保険労務士の通信講座がありますので、下記ページに記載しておきます。

おすすめの記事