社会保険労務士試験の難易度

試験に合格した際の勉強法を公開

今回は私が社会保険労務士の試験に合格した際の勉強法について紹介していきます。
これから社会保険労務士の資格を取得しようと考えている方は、勉強法の参考としていただければと思います。

期間と勉強時間

社会保険労務士の勉強方法

まず学習期間ですが、私の場合には試験の前年度の6月から始めました。
ですから学習期間は、1年2ヶ月ほどです。

そして勉強時間ですが、平日は仕事をしているので4.5時間の勉強をしていました。
早起きして早朝に2時間、通期時の電車の中で0.5時間、仕事帰りにカフェに入り2時間勉強をしていました。土日はほとんど遊びに行かずに13時間、勉強時間に当てていました。

なぜ仕事帰りにわざわざカフェに寄って学習していたのかというと、自宅へ帰ると気分が切れてしまうような感じで睡魔にも襲われやすくなったからです。ですから集中力が途切れてダラけないようにする為に、カフェに寄って勉強をしていました。

土日について、同じような感じです。自宅だとナガラ勉強をしてしまう可能性が高いので、駅前のカフェで勉強を8時間していました。勉強している人が多いカフェだったので、あまり目立たなくコーヒー2杯で居座っていました(笑)
モチベーションが下がってくるときには、カフェを変えるなどをすると気分もかわり集中力も戻るので、時々そういうことも行っていました。

使用した学習教材

使用した学習教材

学習教材はフォーサイトという通信講座を使用しています。
なぜこの通信講座を選んだかというと、高い合格実績もあったのですが、Webを活用した教材も一緒に提供してくれることでした。特にスマホからでも教材となるコンテンツが見れたので、通勤時やお昼休憩時の復習に活用できたところがいいところですね。

特に復習して勉強した内容をしっかりと頭に覚えさせることは、社会保険労務士の試験にはとても重要なことなのでとても良かったと考えています。

社会保険労務士試験に合格した際の勉強法のまとめ

私の合格したときの社会保険労務士の勉強法を紹介してきましたが、如何だったでしょうか。
私の場合には、集中力とモチベーションを維持するための工夫をすることが非常に大切たど思いました。人それぞれ勉強法は様々にあると思いますが、参考の一つとしていただければと思います。

フォーサイトの通信講座は下記ページに詳しく記載しておきます。

おすすめの記事