資格の勉強疲れ

社会保険労務士などの難易度が高く学習期間が長期化するような、資格の勉強は定期的にモチベーションが下がりませんか?
私もいろいろな資格に挑戦してきましたが、4ヶ月以上資格の勉強を継続していかないと合格できないような資格は、周期的に勉強疲れ(モチベーションの低下)に悩まされました。

今回は社会保険労務士試験の勉強疲れでモチベーションが低下した時の、私が行った改善方法or現実逃避について紹介していきたと思います。

私が勉強に疲れたときにする5つの改善方法

それでは私が勉強疲れでモチベーション低下に対して行った改善方法を紹介します。
あくまで私の方法論なので、参考程度にしてくださいね。中にはエ~~~っと思うようなこともあります。

1ヶ月に一回はバニーガールとお喋りしに行く

バニーガール

いきなり不純と思われるかもしれません(笑)
しかし以外とストレス解消と気分をリフレッシュするには、わたしの場合には抜群に効果がありました。

決して風俗などのような怪しいお店ではないので(笑)
ガールズバーに近いのですが、1時間4,000円でバニーガールの女の子が付いてくれて、お喋りするお店です。

何がストレス解消になるのかというとエロパワーと人と会話することで、黙々と勉強することと真逆の刺激を脳に与えることであります。まさかと思われるかもしれませんが、一回試して頂ければと思います。

会話をせずに黙々と勉強をすることは、はっきり言って修行をしているのと同じです。
精神と時の部屋にいるというか・・・

そういう環境でずっと過ごしていると、どうも脳に対する刺激が不足して反対にバカになってくるようです。そういった関係か勉強疲れもしてくると、自論ですが考えています。

平日の仕事帰りにでも行けたので、学習時間のロスも少なくすむのも良いポイントです!!
ですから私の場合は、勉強疲れがくる前から月一回と定期的に心のケアとして、バニーガールに会いに行っていました(笑)

思い切って土日の2日間は勉強をやめて別のことをする

何もしない休養

もう思い切って仕事が休みの土日に何もしないか全く別のことをすることです。
資格の勉強のことは一切考えない、完全なオフ日を作ることです。

これも私は1ヶ月に、1回はこのような日を作っていました。
土曜日に外出して遊んでリフレッシュしてから、日曜日にしっかりと心身を休めるという方法です。

ストイックな方であれば、そんなことは自分に甘いと言われてしまいそうです。
しかしこれで学習意欲が取り戻せるのであれば、効率が悪く毎日勉強しているよりは遥かに良いと考えています。
ちなみに、肩コリの緩和にマッサージへ行くことやアイマスクで眼精疲労対策なども、このようなお休み期間にするといいですよ。

やる気の出るドラマや映画を見る

やる気の出る映画

ありきたりと言うか単純というか、やる気の出るような内容の映画やドラマを見ることです。

分かりやすく言えば、アレです!!
不良映画を見た後に自分が強くなったように思って、イキってしまうアレです(笑)

持続性は期待できないですが、リフレッシュを入れて2時間程度なので、休みの日に途中休憩程度で映画やドラマを見ることはいいですね。
注意していただきたいことは、ながら勉強は決してしないことです。

ながら勉強は時間の浪費と、ほぼ勉強をしていることにはなっていませんので・・・

現実逃避と部屋掃除

試験前の現実逃避と掃除

お前は試験前の学生か~~って感じに思われるかもしれません!!

掃除した後に確実に勉強が取り組むことができるメンタルを持ち合わせているなら、掃除はしてもいいかと思います。勉強をする机のまわりに、勉強の集中力を下げる要因があるのだったら取り除くことをする方がいいからです。

ちなみに私の場合は、まわりに不要な教材などがすぐに散らかってしますので、ときどき勉強を始めるまえに整頓をしていました。まわりにあるとついつい手にとって、メインで学習している内容から脱線する可能性もあるからです。

あと以外といいのが、台所などの水回り系の掃除です。
まったく関係ないのですが、そのへんをキレイにしているほうが精神衛生上良いと考えているからです。いつもキレイな環境で勉強をすることは大切ですよね。

自分へのご褒美

自分へのご褒美

自分へのご褒美はモチベーション維持に大切です。

もちろんご褒美に見合った目標を立て、実行して目標が達成できたらですが。
私の場合には月に130時間の学習時間を超えたら、自分へのご褒美をすることにしていました。

おそらく高難易度の資格を勉強しているのであれば、月に130時間の勉強時間などは当たり前と思われますが、やはり達成間というものを作っていくことは大切です。

ちなみに私のご褒美はピザの出前でした(笑)

まとめ

如何だったでしょうか。
試験勉強期間が長いほど、モチベーションを維持する対策をしていくことは大切だと思います。
わたしもこのような対策をしっかりと行い、1回(勉強期間は1年4ヶ月ほどですが・・)で社会保険労務士の試験に合格しました。

これから高難易度の資格に挑む方は、しっかりと勉強疲れを解消する対策をしていただければと思います。

おすすめの記事