社会保険労務士の年収について考察!!挑戦して年収アップも

これから社会保険労務士を目指そうか考えている方には、年収がどれくらいになるのか気になると思います。600万から1000万円くらいかな~~とかいろいろと考えてしまいますよね。

今回は社会保険労務士になると、どれくらいの年収を得ることができるようになるのか調べてみました。これから社労士を目指す方には、是非参考にしていただき夢を持って資格の勉強に取り組んで頂ければと思います。

気になる社会保険労務士の年収

それでは社会保険労務士の年収について、調べたことを紹介していくのですが、まず社会保険労務士と言ってもその方の働き方次第で年収が変わってきます。

大きく分けて3つのタイプに分かれます。
それぞれで年収や働き方もかわるので、これから社労士を目指している方は是非おぼえておいてください。

一般事業の社内社労士

一般事業を行っている企業の社内社労士の場合は、もともと社会保険労務士の資格を取得する前から、その企業に勤めている方が、多いと思われます。特に経理などの事務方の社員が、キャリアアップの為に取得する場合も多いからです。

一般事業の社内社労士

この場合には、その会社に寄りきりですが、社会保険労務士のスキルを活用して事業に貢献しているのであれば、今までの給料 + 手当程度の給料となるでしょう。ただし手当といっても年収が100万も変わるものではないので、決して大幅に収入が変わるわけではございません。

メリットといえば、今まで通り勤めていた会社で働くので、転職しなくて済むことと年収が減ったりなどの心配もしなくてすむようになります。

事務所に雇われている社労士

次に社会保険労務士事務所に勤めている方の年収についてです。

こちらは、勤続年数や社労士としての経験などによってかなり年収が変わります。
社会保険労務士の資格を取ってから、事務所に就職した場合などは未経験者の扱いとなるので、事務所の規模と賞与の有無にもよりますが、始めは350万円程度です。やや他の職種の未経験者よりは年収が高いくらいではないでしょうか。

事務所に雇われている社労士

また経験を積んで、5~10年以上勤めて社労士の仕事をこなして方であれば450万円から650万円程の年収になることも可能です。一般的なサラリーマンの返金年収より100万から~200万円ほど高い年収ですね。

社会保険労務士であったとしても、雇われの身なので大幅な高収入は期待できないですが、一般的なサラリーマンよりは年収も高く、また雇用面である程度は保証されています。

個人で独立開業している社労士

最後に個人で独立開業している社労士の方の年収についてです。

基本的には今まで社会保険労務士事務所で勤めていた方が、独立して自分自身で開業して社会保険労務士として活動していくことになります。

独立開業している社労士

年収については事業者となるので、事業の業績にとても左右されます。社労士としての能力だけでなく、事業主と営業力も問われます。ですから収益を上げることができない方は、勤めていたころよりも年収が減る場合もあります。
ですがしっかりと収益を上げているのであれば、年収1000万円も可能です。

独立開業をすることは、ハイリスクハイリターンになりますが年収を含め会社員と以外のライフスタイルを手に入れるのであれば、挑戦しても損はないと思われます。
その為にも、人脈や収益源などをしっかりと構築していく必要はあります。

社会保険労務士の年収のまとめ

社会保険労務士の年収について如何だったでしょうか。

これから社会保険労務士を目指す方には、どのように働いていくかも考えさせられるところですよね。人それぞれの価値観で考えるところではありますが、社会保険労務士となったのであれば一度は挑戦してもいいとは思います。何事も挑戦する行動こそが大切だと思うからです。

これから社会保険労務士の資格を取得するために、学習教材を探している方は高い実績の通信講座があったので下記ページに記載しておきます。

おすすめの記事