社会保険労務士を目指すなら20代から

これから社会保険労務士を目指す方は、とにかく早目に転職することをおすすめしました。
特に20代の方は、実務経験や資格がなくても十分に受け入れてくれる事務所が多いので、これから紹介することを参考にして頂ければと思います。

20代からしっかりと社会保険労務士を目指すメリットとは

それでは社会保険労務士のを目指すなら、なぜ20代からが良いのかお伝えします。
まず新卒でいきなり社会保険労務士事務所に就職する方は少ないので、第二新卒などの20代半ばくらいの年齢層の方はとても入りやすいところです。

もちろん後々には、社会保険労務士の資格は必要となってきますが、まずは20代という若さがまだまだ武器になる世代の方は、まずは行動することが大切です。

アルバイト・未経験採用をしてくれる事務所が多く見つけやすい

アルバイト・未経験採用をしてくれる事務所が多い

まずはどの業種でも言えることですが、20代の若年者層の方は業界未経験でも採用可能ところが多いからです。前述したように新卒でいきなり社会保険労務士事務所に就職する方も少ないので、ほぼ新卒みたいな状態で参入できます。

また社会保険労務士の資格を持っていないと、採用されないのではと思うかもしれません。実は決してそうでもありません。
他の記事でも記載していますが、社会保険労務士事務所に勤めながら、資格を取得していく方が沢山います。メリットとしても、常に実務に触れることができることにあります。知識の吸収が早くなるのと、資格のテキスト教材で書いてあることなどが実務と結び付けて考えることができるので、理解がしやすいことにあります。

出費が少ない年齢のうちの方が経済的に楽です

収入低下と金欠

社会保険労務士事務所でアルバイトなどで下積みをする場合には、やはり収入の低下は仕方がないことです。もちろんコンビニなどのアルバイトよりは時給は良いのですが、正社員として働いていくよりは収入は低下します。

ですから比較的収入が少なくても、家族などを養っていく必要がない年齢のうちに社会保険労務士になっていくことが、後々30代になってから目指すよりは経済的に楽と言えるでしょう。

また雇う側の社会保険労務士事務所の方も、一定以上の年齢層の方をアルバイトとで出す給料レベルの収入で働かせることに抵抗やそのようなことをさせることはできないと思う方も少なくないからです。雇う側の人も自身の判断で、求職社の収入と生活を大きく変えてしまう、社会的な責任感もあるからです。

ですからなるべく20代のうちに、社会保険労務士を目指して事務所で働いておくことは大切です。

社会保険労務士を目指すなら20代から挑戦するのまとめ

如何だったでしょうか。
これから社会保険労務士を目指す方なら、まずは行動を起こす大切さを分かって頂ければと思います。いつまでも若くないのですから、たとえ資格をもっていなくても、若さを武器に社会保険労務士事務所で働いてみてもいいかと思います。

実務で働きつつ、社会保険労務士の資格を取るための勉強も必要です。
働きながら社会保険労務士の資格取得に、高い実績の通信講座があるので下記ページに記載しておきます。

おすすめの記事