社会保険労務士資格の維持費

社会保険労務士資格取得後に必要となる免許の登録料と研修費、そして毎年必要となってくる維持費について紹介していきます。これから社会保険労務士を目指す方には、思わぬ出費にもなってくることなので、事前に知っておきましょう。

社会保険労務士の資格取得後に思わぬ出費

社会保険労務士の試験に合格した後には、様々な手続きや研修、そして団体に所属する必要があります。その際に必要となる費用が掛かりますので、事前に用意しておく必要があります。

まずは実務経験がない方が必要となる研修費について紹介します。

実務経験が2年以上ない方は研修が必要

社会保険労務士の試験

資格を取得した方には2通りの方がいると思います。

  • 社会保険労務士事務所で勤務し実務経験が2年以上ある方
  • 社会保険労務士とは関係のない仕事をしてきた実務経験のない方

このうち2年以上の実務経験がない方は、資格の合格後に研修(事務指定講習)を受けなければなりません。おおよそ7万円ぐらいの費用が掛かります。また面接指導家庭の研修の際には、数日間泊りがけで研修が必要となるので、交通費と宿泊費別途必要となってきます。
特にお住まいの地域が遠方になる方は、交通費と宿泊費は軽視できないので必ずしっかりと把握しておいてください。

全国社会保険労務士連合会に登録する費用

免許登録

次に必要となってくるのが、免許の登録に関わってくる費用です。
まずは全国社会保険労務士連合会に登録するための、登録手数料に3万円の費用が掛かります。
また次に登録免許税が必要となり、2~3万円の費用が掛かります。手数料と登録免許税が一つにまとまっていたらありがたいのですが、別々で結構な費用が掛かるのが苦しいところですね。

また社会保険労務士会への入会金も必要となります。
開業独立の方は5~8万円、社会保険労務士事務所などに勤務する方やその他の場合は3~5万円の費用が必要となります。もちろん資格取り立ての場合には、社会保険労務士事務所などに勤務する場合がほとんどなので、3~5万円の費用が必要と想定しておくといいでしょう。
費用に関しては、毎年変動しますので高めに想定したおくと良いと思います。

各都道府県の社労士会に所属する年会費

合格後の思わぬ出費

最後に毎年必要となってくる費用について紹介します。
社会保険労務士として免許を登録後、ご自身が社会保険労務士として活動する都道府県の社労士会にも所属するシステムとなっており登録が必要となります。
年会費や支部会費を毎年払う必要があり、およそ10万円ほど必要となります。

この年会費が結構な負担となるので、免許を持ちながらも活用しない場合には悩みものとなります。ただし社会保険労務士として活動している方の収入であれば、年会費10万円ほどはそれ程の負担にはならないでしょう。

社会保険労務士の資格の維持費についてまとめ

如何だったでしょうか。
社会保険労務士の資格を取得してから、まさかの出費が必要だったということにならないように、25~30万円は事前に準備しておくことをしておくといいでしょう。折角苦労して取得した難易度の高いライセンスなので、しっかりと活用して仕事に活かして頂ければと思います。

またこれから社会保険労務士の資格を取得を目指している方に、仕事をしながらでもしっかりと学習ができる、合格に高い実績のある通信講座があるので、下記ページに記載しておきます。

おすすめの記事