社労士の将来性

社会保険労務士って気になる職種だけど、将来性があるのだろうか・・・
そうお考えの方もいるかもしれません。そこで今回は社会保険労務士(略称:社労士)の今後の将来性について、社会・企業活動を営んでいく上でどのような需要と必要性が求められているかについて調査してお伝えしていきたいと思います。

これから社労士を目指そうと考えている方は、今後どのように社会や企業に必要とされているか、将来性を見据えてご一緒に学んで頂ければと考えています。

企業が労働者の働き方を考えしっかりと改善していく必要性

まず社労士のこれから将来性についてお伝えいたしますと、これからまだまだ需要が増えていくと言えます。なぜかと言いますと現在の日本社会では労働者の働き方などが、働き方改革などで重視されるようになってきています。

それに伴い企業から社労士への仕事の依頼が、年々増加してきている傾向にあるからです。

最近では働き方改革などで需要が伸びている

働き方改革

近年多くの方が働き方改革という言葉をTVや各種マスメディア、ネットなどで耳にしたことはあると思います。
働き方改革が取り上げられるようになってきた理由は、今までは労働者の不利な立場に付け込んで、過酷な労働環境で超時間労働を強いられる人が多くいたのが主な原因となっています。

その結果、アパレル業界・IT業界・Web業界・運送業界・飲食業界などに関しては特に労働環境が悪いというイメージが付きまとい(実際に労働環境が悪いところが多かった)、人材の流出と人材確保ができないような状況が長期的に続くようになってきたのです。

そのため良い人材を確保するためにも、今までの労働環境を見直し働き方改革に着手する企業も年々増加してきています。労働環境を見直すために、就業規約などの各種変更手続きなどを社労士に依頼する企業が増えているのです。これからもまだまだ需要があり、社会的にも重要なポジションにある仕事となっていくでしょう。

マイナンバーを扱うような業務の依頼も増加

マイナンバーの取り扱い

行政的な手続きでマイナンバー制度が導入されてから、企業でのマイナンバー開始に伴う社会保険手続きの変更などが必要となりました。それを契機に、今までは社内の総務などの事務方で対応していた社会保険の手続きを、社労士に依頼する企業が増加してきています。

前述してきました社内の労働環境の変更と一緒に、マイナンバー制度に伴う対応を含め、企業から社労士へ業務を依頼することが以前よりはるかに増加しています。

社労士の社会で必要とされる重要な将来性についてまとめ

社労士の将来性についてお伝えしてきましたが、如何だったでしょうか。
これから社会保険労務士を目指す方には、まだまだ将来性のある挑戦できる仕事だとお伝えします。
むしろ以前までがマイナーな仕事であったので、これからどんどんと認知度が上がっていくやりがいのある仕事です。

これから社会保険労務士を目指す方に、高い合格実績の通信講座がありますので、下記ページに記載しておきます。しっかりと学習をして、社会保険労務士の資格を取得してくださいね。

おすすめの記事