30代未経験の人

社会保険労務士30代未経験でもなることができるのか調査してみました。

30代の方でこれから社会保険労務士を目指そうとお考えの方は、実際に社会保険労務士の仕事に就けるのか知っていただき、そのためにはどのような経験・経歴が望ましいのか知っていただければと思います。転職を考えている方や30代の未経験の方には、是非ともしっかりと読んでいただき、社会保険労務士を目指してください。

30代未経験でも社会保険労務士は目指せます、ただし・・・

社会保険労務士の業務の経験がなくても、30代で社会保険労務士を目指すことは可能です。
ただし社会保険労務士事務所などに就職する場合は、今までの経歴で少しでも有利になる経験が必要です。そのことを踏まえて今回は紹介していきます。

総務・経理経験があれば未経験でも大丈夫

社会保険労務士事務所でアルバイト

一般的な企業に勤めている方で、総務や経理などの事務方で社会保険の手続きやハローワークへの手続き等をしていた方などは、比較的容易に社会保険労務士事務所に就職することも可能です。異業種転職といっても、どちらかというとキャリアアップ的な要素が強いので、社会保険労務士事務所での業務経験がなくても、十分に就職が可能です。

アピールポイント
総務や経理などの事務方を業務されている方は、社内の諸々の手続きで社会保険労務士の業務と関連してくる箇所があります。そのあたりのキャリアアップを目的にしていただければ、社会保険労務士へ転職がスムーズになるでしょう。

社会保険労務士の資格に関しては、転職してから資格取得しても問題ありません。
ただし資格を持っているほうが、給与面でも全然違いますので社会保険労務士を目指そうと考えた時から資格の勉強を進めておくほうが良いでしょう。
就職が先か、資格が先かはご自身が判断することですが、比較的30代でも若いうちに転職する方が望ましいです。

人材派遣の人材紹介・人事の経験がある方も比較的未経験でも大丈夫

人材紹介・人事の経験

人材派遣会社で人材の紹介などをしていた経験がある方や、企業で人事関係の業務をしていた方も比較的未経験でも社会保険労務士事務所に就職できるチャンスはあります。
しっかりとキャリアアップできる、ルートと言って問題ありません。

アピールポイント
人材派遣の人材紹介の経験や、人事の経験などは社内の労務に関連する業務を行うことが比較的ある場合がります。ですから社会保険労務士事務所などに転職する際には、その辺の職務経験をアピールしていくことをおすすめします。

仕事をしながらでも、働くことが可能な事務所を探してみてください。
ただし最初の何年かは年収は下がると思いますので、ある程度の経済的準備をしておくことをオススメします。

それ以外の場合だと・・・

関連する経験がない方

今まで職務経歴でまったく事務方の仕事などの経験がない方は、30代で社会保険労務士になることは難しくなってきます。
決して無理ではないのですが、社会保険労務士事務所でアルバイトとして働くところがまずはないかしっかりと探してください。アルバイトとして下積み経験をさせてくれるところがありましたら、躊躇なく働いてください。ただしアルバイトとして働くことになるので、経済的なことを克服しておく必要はあります。

事前に毎月の生活分の不足金額分を補うことができるだけの貯金を貯めておくことを、強くオススメします。毎月不足金額分を5万円貯金で補うとしても、年間60万円は貯金を切り崩しことは必要となります。2年間で取得するとしても120万円は必要です。また資格の取得後に必要となる登録料や、学習教材費を考えると150万円は準備しておく必要はあるでしょう。

2年間で絶対に資格を取得するという、強い気持ちと実行力がとても大切となってくるのです。
社会保険労務士となってからは、今までよりも生活は向上すると思いますので、人生を変えるつもりで必死になって頑張ってください。

※各都道府県にある社労士会で、助手などを募集している社労士事務所の情報がある場合が稀にあるので、少しでもチャンスを掴みたい方はそのあたりにも問い合わせてみてもいいかもしれませんね。

社会保険労務士は30代の未経験でも挑戦できるのまとめ

ここまで社会保険労務士は30代の未経験でも挑戦して実現できるのかについてお伝えしてきましたが、如何だったでしょうか。

結論は、社会保険労務士は30代の未経験の方でも、挑戦して実現することは可能です。ただし過去に従事してきた業務・職歴によって、仕事に付きやすい方とそうでない方の差があることが分かって頂けたのではないかと思います。未経験でも転職できる可能性はあるので、しっかりと目標に向けて頑張っていただければと思います。

これから社会保険労務士の資格を取得しようとお考えの方へ、高い合格実績のある通信講座がございますので、下記ページに記載しておきます。
高難易度の資格ではありますが、しっかりと資格の学習に取り組んでいただき社会保険労務士の資格を取得してください。

おすすめの記事