社会保険労務士事務所でアルバイト

社会保険労務士の事務所でアシスタントを募集していることをご存知でしょうか。
これから社会保険労務士を目指している方は、アシスタントという選択肢もあるので知って頂けたと思います。

社会保険労務士のアシスタントをするメリット・デメリット

社会保険労務士の事務所でアシスタント業務をすることは、メリットとデメリットが存在します。
もちろん社会保険労務士を目指している方であれば、メリットを享受するほうが多いのでそのことについて紹介していきます。

社会保険労務士の資格を勉強されているなら実務で経験が一番

社会保険労務士事務所でアルバイト

まずアシスタントをする一番大きいメリットとして、実務で経験ができるということです。
それがなぜメリットとなるのかとお伝えしますと、資格の勉強ではわかりくいことでも実務をしていると教科書に書いているようなことでも、直接触れて理解していくことができるからです。もちろん教科書で資格の勉強をすることは、アシスタントをしながらでも大切なことではあります。

実際に社会保険労務士事務所でアシスタントをしながら、資格取得のために勉強に励んでいる方は多くいます。1年目は自分で資格の合格を目指して勉強をしていた方も、不合格となりもっとしっかりと理解するためにも、社会保険労務士事務所で働きながら勉強をするなどのケースが多いのです。

他の士業でも同じようなことが言えます。
弁護士・税理士・公認会計士・司法書士などの、学習時間だけでも社会保険労務士よりももっと必要となる資格であれば、このようにアシスタントをすることは必要不可欠となってきます。

高卒の方は受験資格を得るためにもオススメ

社会保険労務士事務所でアルバイト

高卒の方は、社会保険労務士事務所でアシスタントをすることは必要です。
なぜなら高卒の方は実務経験が2年以上ないと、社会保険労務士の試験を受ける受験資格がないからです。他の方法でも受験資格を得ることはできるのですが、あまり現実的でないです。
ですから高卒の方が受験資格を得る一番簡単な方法は、社会保険労務士事務所でアシスタントをして、実務経験を積むことにあります。

資格合格後の研修を受けなくてもよい

社会保険労務士の試験

実務経験がない人が、社会保険労務士試験を合格すると必ず研修を受ける必要があります。
研修には費用がかかり、その費用も馬鹿にはできないくらいの金額になります。研修費・宿泊費・交通費などを含めると10万円以上は費用が必要となります。

しかしアシスタントで実務経験が2年以上ある方は、申請をすると研修を免除されるので研修費などを払わなくて済むのです。

アシスタントは、アルバイトとして働くので給与が・・・

合格後の思わぬ出費

社会保険労務士事務所でアシスタントをすることは、決してメリットばかりではごぜいません。
多くの場合は、雇用形態がパート・アルバイトのような雇用となるので、収入面で一般的なサラリーマンよりも下がることになり、金銭的に厳しいことになる場合がございます。

もちろん収入が減ることを想定して貯蓄や節約をしていれば問題ないのですが、それでも2年ぐらいは経済的に節約をしいる我慢した生活をしていかなければなりません。
アシスタントをする前には、しっかりと計画を立てて預貯金を貯めておくことをオススメします。

金銭面でのアドバイス
社会保険労務士事務所でアシスタントをする前に、事前にお金を貯めておくこと。
生活苦になると、資格の勉強にも集中できませんので貯蓄しておくことです。
親などの自宅から通い、生活費を抑えてください。
ご両親には迷惑を掛けると思いますが、甘えることができるのであれば将来の為にもおすすめします。社会保険労務士になってから、しっかりと親孝行をしてください。

また資格取得後にも様々な手続き等で、お金が必要となりますのでその辺を考慮しておいてください。
資格取得後に必要なお金に関しては、下記ページにて参考にしてください。

社会保険労務士のアシスタントをオススメしないのまとめ

如何だったでしょうか。
これから社会保険労務士を目指す方であれば、アシスタントをすることはとても近道であることは間違いありません。
免許を取ってしまえば、アシスタントをしていたところから正規に雇用される場合もあります。
問題は経済的ところだけなので、しっかりと計画を立ててアシスタントをしてください。

これから社会保険労務士を目指す方に、高い合格実績の通信講座があるので、下記ページに記載しておきます。しっかりと勉強をして、社会保険労務士になってください。

おすすめの記事