偏差値と大学

社会保険労務士は高学歴な人が多い、偏差値の高い大学出身者しかなれない?
社会保険労務士に限らず、士業系の職業はそのようなイメージを持たれる方も少なくないかと思われます。

今回は実際のところ、社会保険労務士は偏差値の高い大学の出身者しかなれないのか、紹介していきたいと思います。これから社会保険労務士を目指そうと考えている方は、間違ったイメージを持って選択を間違えないためにも、参考にしていただければと思います。

社会保険労務士の学歴事情

社会保険労務士の学歴事情

社会保険労務士になろうと考えている方で、学歴について気になっている方もいるとは思います。
まず前提として知っておくべきことは、社会保険労務士の資格を受験するためには、特定の条件を達成していることが必要です。その条件の一つとして学歴も関係してきますので、条件を知りたい方は、下記記事を読んで参考にしてください。

それでは一番気になっているところと思われる、偏差値の高い大学の出身者である必要であるかですが、結論からお伝えしますと、そこまで偏差値の高い大学出身の高学歴者しかなれないわけではございません。

もちろん偏差値の高い大学を卒業されている方は、勉強をするのが得意で筆記試験などにも対応しやすいことがあるので、社会保険労務士になりやすいという側面もあります。しかしながら、社会保険労務士になろうとする方は一度社会に出て働き、そこで経験した仕事から関連して社会保険労務士になる方が少なくないのです。

ですから偏差値の高い大学出身者しか社会保険労務士になれるないということにはならないのです。
中には高校卒の学歴しかなかったので働きながら短大に通い、受験資格を取得してから社会保険労務士になるような方もいます。そういう人の方が、決心も強く仕事の面でもしっかりと学ぶ心を持っているので、社会保険労務士に向いていると言えるでしょう。

決して簡単になれるわけではございませんが、偏差値の高い大学出身者だから社会保険労務士になれるわけではないのです。

社会保険労務士は偏差値の高い大学出身者しかなれないまとめ

社会保険労務士は偏差値の高い大学出身者しかなれないについて紹介してきました。
これから社会保険労務士を目指そうとしている方には、少しでも参考にしていただければと思います。

結局のところ、社会に出て学歴を問われるような職業は、現在では少なくなっています。
官僚やアカデミックな世界、大手企業の中間管理職以上の、ある種の権威的なものを重視するような狭い世界でない限り、それほど学歴は気にしなくてよいような社会になってきているのです。むしろ現代では高偏差値だけど主体性を持たない方が、社会の中枢を担う官僚などになり、社会に悪影響を与えてしまうようなことすらあるのですから・・・

必要なのは何としても目的の仕事に就こうという決心と、仕事に就いてからもひたすら学んでいく心が大切だということです。

おすすめの記事